まず初めての電動歯ブラシということで、いきなり何万円もする高級品は止めておきましょう。

 

例えばパナソニックのドルツの3000円程度のものがオススメです。

この値段でも、音波振動方式で綺麗に磨き上げることができます。

 

また単4アルカリ乾電池1本使用で約180分持つので、1回3分で1日2回磨くと1ヶ月使えることになります。

 

電動歯ブラシを使うデメリットは、磨き過ぎることです。例えば歯を白くするという歯磨き粉には研磨剤が含まれています。

この歯磨き粉を付けて磨いてしまうと、歯のエナメル質まで傷つけてしまう可能性があるのです。

 

また電動歯ブラシをあまり過信しないことも必要です。

電動歯ブラシは普通の歯ブラシよりは確実に歯垢を落とす効果は高いですが、歯の隙間を磨くのは若干苦手です。

 

そこで歯間ブラシも併用して、磨き残しを防ぎましょう。

さらに電動歯ブラシのデメリットは、替え歯ブラシの値段が高いことです。

 

前述したパナソニックのドルツの替え歯ブラシは、2本入りでや800円以上します。

普通の歯ブラシなら300円位からプレミアム扱いとなるので、それよりもさらに高額です。

 

また電池式なら電池代もかかり、本体の値段だけでは済まないのです。

 

そうしたデメリットを理解して使うなら、電動歯ブラシは非常に便利です。

手磨きとは違い、歯ブラシを当てるだけで綺麗に磨けるので高齢者の方でも力がいりません。

 

また手磨きよりも格段に綺麗に磨けるので、虫歯を予防できる可能性は高まります。

ですからまずは3000円程度の電動歯ブラシで試してみてはいかがでしょうか?