口臭で悩んでいる方は、朝起きた時やふとした瞬間に自分でもはっきりと口臭を感じる事があるかと思います。

口臭を自覚してしまうと、特に会話などの対人面が消極的になりがちです。こうした悩みに対処するためサプリなどで体内からケアしていく方法もありますが、即効性のある方法としてまず試していただきたいのが、歯磨き時の『舌磨き』です。

 

歯磨きは念入りにしているのに口臭が気になるという人にも、試していただきたい方法です。

口臭の原因の一つは、口腔内で繁殖した細菌によるものです。

本来人間の舌はきれいなピンク色ですが、歯磨きの際に自分の舌を鏡でチェックしてみて白くなっている場合は、舌苔と呼ばれる汚れが付着しているのです。

 

この舌苔の正体は食べかすや舌の古い角質などが舌の表面にこびりついたものですが、悪臭の元である細菌が繁殖する原因になります。

舌苔のケアに特別な器具は必要なく、歯磨き用の歯ブラシで数回軽くこするだけで取れていきますが、専用のブラシもありますので、専用の道具でケアしたいという方や歯ブラシを使うのは衛生面が気になるという人はそちらを購入するのも良いでしょう。

 

磨き過ぎると味覚を司る味蕾を傷つけてしまう事があるので、傷つけないようブラッシングは優しく行うのがコツです。

この舌苔を取るだけで、口の中がかなりさっぱりとした感覚になるはずです。どなたでも直ぐに始められるケアですので、歯磨きの際にぜひお試しください。